« 2009年5月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年9月

2009年度イタリア音楽学会全国大会(ローマ、10月30-11月1日)

日本音楽学会全国大会とイタリア音楽学会SIdMの全国大会は、毎年ほぼ同じ時期に開催されるため、毎年どちらを取るかで迷っていたが、今年は幸いにもイタリアのほうが少し遅い開催のため、両方に出席できる運びととなった。
日本音楽学会が10月23-25日の日程で大阪大学、イタリアのほうは10月30-11月1日の日程で、ローマのパルコ・デッラ・ムージカ(アッカデミア・サンタ・チェチーリアの新本拠で、少し郊外の不便な場所にある)が会場となる。

以下に発表プログラムを転載しておく。イタリアではこの5-10年ぐらい、立て続けに楽器学organologiaの領域ですばらしい論文が出版されてきたが、今回の学会にも、楽器学の発表が目立っている。

個人的には、フィリップ・ゴセット教授がチェアを務めるセッションで、知人のミラノのオペラ研究をしているマイナルディのMatteo Daniele Mainardi, 1797-1861. I teatri privati di Milano dalla Repubblica Cisalpina all'Unità d'Italia  という発表が気になっている。ミラノは、スカラ座はじめ市中の劇場ではもっぱらオペラ・セリアが上演されていたが、ミラノに集うロンバルディア貴族の領地のあるミラノ周辺の町の劇場では、主にブッファが上演されていた。そのレパートリは、ヴェネツィアとナポリからの「輸入品」であったが、この辺、どういう仕組みで興行が行われていたのかまだほとんど実証研究がないのだが、彼はそれに取り組んでいて最近どのような進展があったのか知りたい。
 ローマ大のヅィイノ教授は中世ルネサンス関係を総括し、どこにでも必ず要になっているパオロジョヴァンニ・マイオーネ教授は、ナポリ系研究のチェアを務めている。あと、イギリス系であろうか、ハートのミュンスターにあるスカルラッティの筆写譜の出所に関する発表が非常に興味深い。 * Anthony Hart, The Münster Scarlatti manuscripts revisited. A possible source of the origin of the manuscripts

イタリア国内学会ではあるが、実質、かなり海外からも参加があり、国際学会のようなインターナショナルな状況である。(採択率は50%を少し上回るぐらいだが、採択の判断が大変らしい。)

 ********************:プログラム ********************************
■Venerdì 30 ottobre 2009, ore 10.30

Sala Risonanze, presiede Fiamma Nicolodi

* Indirizzi di saluto: Bruno Cagli, Presidente dell'Accademia Nazionale di Santa Cecilia
* Guido Salvetti, Presidente della Società Italiana di Musicologia

* Anna Ficarella, Mahler interprete “wagneriano” di Beethoven: storia di una ricezione controversa
* Luigi Verdi, Rodolfo Ferrari direttore d'orchestra
* Carlo Lo Presti, Maurice Ravel e l'Italia: nuove prospettive e nuovi documenti
* Gunnar Wiegand, I contributi tedeschi al Festival Musicale Internazionale di Venezia nel 1932 prima dell'avvento del nazismo

Sala Musa, presiede Annalisa Bini

* Francesco Nocerino, Il clavicembalo Grimaldi 1691. Inediti contributi per l'arte cembalaria
* Francesco Carreras, Agostino Rampone e il brevetto del 1879 sugli strumenti a fiato metallici a doppia parete
* Giovanni Paolo Di Stefano, La collezione Savoia dell'Accademia “Santa Cecilia” e il mandolino in Italia tra Otto e Novecento
* Antonio Ferrara, La Société des instruments anciens di Henri Casadesus

Venerdì 30 ottobre 2009, ore 15.00

Sala Risonanze

* Marco Lombardi, Trascrizioni da Schubert. La Winterreise e i contemporanei
* Antonella Infantino, La musica vocale da camera di Antonio Scontrino
* Christoph Flamm, “Libera” chi? Alcune domande sul significato dei Canti di prigionia di Luigi Dallapiccola
* Myriam Quaquero, Per un riflessione critica sulla figura e sull'opera di Ennio Porrino
* Federica Nardacci, L'epistolario di Goffredo Petrassi nella Biblioteca-Archivio dell'Istituto di Studi Musicali “G. Petrassi” di Latina. Luci e ombre su alcuni personaggi del Novecento musicale
* Alfonso Alberti, Peripezie italiane di un conoscitore di funghi. Presenza e ricezione di John Cage nel nostro paese

Sala Musa, presiede Paola Besutti

* Christophe Georis, L'Arezia Ninfa e il Terzo libro monteverdiano: un nuovo ipotesto tassiano
* Giulia Giovani, Le Cantade “ritrovate” di Alessandro Grandi
* Marco Giuliani, I testi per musica di Carlo Milanuzzi da Santa Natoglia
* Alberto Mammarella, La prassi del canto modico liturgico a Napoli nel primo Seicento e la diffusione dei trattati di canto fermo
* Carlo Centemeri, La riscoperta di un oratorio di Giovanni Battista Bassani
* Cristina Fernandes, “Il dotto e rispettabile Don Giovanni Giorgi”, illustre maestro e compositore nel panorama musicale portoghese del Settecento

■Sabato 31 ottobre 2009, ore 9.30

Sala Risonanze, presiede Philip Gossett

* Rosana de Moraes Marreco Orsini Brescia, The Italian Luso-Brazilian Opera Houses in the 18th century
* Ilaria Zolesi - Sergio Chierici, Il settecentesco Teatro Leoni di Sarzana
* Armando Fabio Ivaldi, “Madame la France”: pregiudizi e giudizi nel dramma giocoso del secondo Settecento
* Matteo Daniele Mainardi, 1797-1861. I teatri privati di Milano dalla Repubblica Cisalpina all'Unità d'Italia
* Maria Birbili, Il trasferimento di materiale fra le opere buffe di Rossini: violazione o connessione?
* Daniela Macchione, L'opera italiana sulle scene del mercato antiquario

Sala Musa, presiede Agostino Ziino

* Angela Bellia, Musica e rito nelle raffigurazioni delle ceramiche della “Tomba 2” di Marianopoli (CL) (IV sec. a.C.)
* Nausica Morandi, Un antigrafo descriptus da un disperso apografo nel dramma liturgico medievale Officium Stellae
* Alceste Innocenzi, Il codice 9 del Duomo di Spoleto: problemi di attribuzione
* Francesco Rocco Rossi, Istruzioni di canto fratto nel Liber Musices della Biblioteca Trivulziana di Milano (Ms. 2146)
* Agnese Pavanello, Nuove acquisizioni su Gaspar van Weerbeke
* Donatella Melini, L'iconografia musicale del breviario di Isabella di Castiglia: tradizione e innovazione nei libri di devozione privata del Rinascimento

Sabato 31 ottobre 2009, ore 14.30

Assemblea annuale dei soci della SIdM ed elezione dei nuovi organi sociali per il triennio 2009-2012

Al termine dell'assemblea:

Roberto Giuliani, Presentazione del database Musica e televisione (1954-2004) - Progetto Musica nel 900 italiano

■Domenica 1 novembre 2009, ore 9.30

Sala Risonanze, presiede Paologiovanni Maione

* Luigi Collarile, Musica a stampa perduta. Considerazioni preliminari sulla produzione italiana del secondo Seicento
* Tiziana Affortunato, Le “Serenate-cantate” della seconda metà del Seicento: indagine formale e prospettiva storica
* Luca Della Libera, La serenata La gloria di primavera di Alessandro Scarlatti
* Michela Berti, Un caso di committenza dell'Ambasciatore francese a Roma: il Componimento Dramatico per le felicissime nozze di Luigi Delfino di Francia con la principessa Maria Giuseppa di Sassonia di Jommelli e il quadro Fête musicale donnée par le Cardinal de la Rochefoucauld di Pannini
* Roland Pfeiffer, Le biblioteche di alcune case nobili romane alla luce della ricerca sull'opera
* Paolo Sullo, I solfeggi della Biblioteca del Conservatorio “San Pietro a Majella” di Napoli

Sala Musa, presiede Saverio Franchi

* Anthony Hart, The Münster Scarlatti manuscripts revisited. A possible source of the origin of the manuscripts
* Konrad Tavella, Scuola del buon gusto per sonar il Violino. Una fonte inedita nella trattatistica tartiniana
* Mariacarla De Giorgi, Le composizioni romane di Fanny Mendelssohn-Hensel per l'Académie de France: «Je demande la parole»!
* Eleonora Simi Bonini, L'Arciconfraternita dei Piemontesi e la Chiesa del Sudario di Roma. La storia di una chiesa di Roma poco conosciuta: l'attività degli artisti che vi lavorarono musicisti, pittori e architetti fra cui Carlo Rainaldi
* Chiara Pelliccia, Il Lyceum di Roma. Vita di un circolo culturale femminile e della sua Sezione Musica
* Gaia Bottoni, Scalero, Fanelli, Alessandri e Serra: la Società del Quartetto di Roma attraverso carteggi privati e stampa quotidiana dell'epoca

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チマローザ音楽祭2009(5月)@アヴェルサ

ドメーニコ・チマローザの生家は、ナポリから電車で30分ほど少し北に行った古村アヴェルサにある。

しかし、20世紀初頭、この村にやってきた興行師がチマローザのオペラで失敗し、「チマローザの呪いだ」と捨て台詞をはいてアヴェルサを去ったことから(L'Eco di Aversa、2008年6月の記事より)、その後村人たちはそれを信じて、21世紀になってもいまだアヴェルサで行われるコンサートでチマローザの曲を取り上げるのはご法度とすらいわれているほど忌み嫌われている。(私自身、チマローザをまじめに研究すると早死にするとまで複数の人から”そっと”忠告をうけたことがある。なお本当に早死することになったら、それはチマローザのせいかもしれない。)

この迷信は本当に根強く、アヴェルサ市は1999年に生誕250年、そして2001年に没後200年を迎えることもあり、彼の生家を改装してチマローザ博物館にするというプロジェクトを決定したのに、工事業者ですらこの「呪い」に近づきたくないらしく、そのプロジェクト、および生家は鉄板で覆われただけで、結局10年近く放置されてしまい、もとの惨状(私はここを1998年に訪れている)よりもさらにひどい状況を引き起こしている。

このような態度は、バーリのピッチンニ、ザルツブルク&ウィーン(が追放したにもかかわらず手のひらを返したような扱いをしている)のモーツァルト、アイゼンシュタットのハイドン、バイロイトのワーグナーと対照的ですらあり、ハンブルクから30分ほどの郊外の町ベルゲドルフの有名人ハッセや、モンテフラスコーネでの台本作家カスティの扱われ方よりも状況はひどいように思われる。
実際、「チマローザ」音楽院とは、近くの町のアヴェリーノ市の音楽院の名前であり、2001年のチマローザに関する大規模な国際学会もここで開かれている。そして同じく2001年に開催された「チマローザ音楽祭」は、近郊のカゼルタ市で開かれており、これまでチマローザがアヴェルサの表舞台に立ったことは本当に数えるほどしかない。(19世紀に生家の通りがチマローザ通りと命名され、20世紀初頭に映画館「チマローザ」が開館したほか、駅前のチマローザの彫刻の設置、および公立小学校が「チマローザ」の名前を冠しているほか、定期的なイヴェントは無い) 

そんな中、2008年からアヴェルサにおいてようやく念願の「チマローザ音楽祭Festival Domenico Cimarosa」が立ち上がった。
音楽監督はコンプレッソ・バロッコやプティット・バンドにも参加するバロック・ヴィオラ奏者Giulio d'Alessio(リヨンとブリュッセルでディプロマ), パートナーは、ナポリ第2大学建築学部、書店クァルト・スタート、在ローマ・スペイン高校”セルヴァンテス”、および在イタリアスペイン大使館文化部 あと、いくつかのアヴェルサの私企業と、中心者はやはりのごとくアヴェルサ関係者ではない。
Seconda Università degli Studi di Napoli - Facoltà Architettura
Libreria Quarto Stato, Aversa
Liceo Espanol Cervantes, Roma
Consejería de Educación de la Embajada de España en Italia

第1回となる2008年は、5月27日から6月27日にかけて、以下4つのコンサート、およびチマローザに関わる展覧会が開かれた。
I CONCERTI
Facoltà di Architettura - Aversa, 27 maggio, 19.30
Edoardo Amirante

Chiesa di S. Maria a Piazza - Aversa, 28 maggio, 19.30
La Real Cappella del Teatro San Carlo

Facoltà di Architettura - Aversa, 29 maggio, 19.30
Cheng Chen y Liu

Facoltà di Architettura - Aversa, 30 maggio, 19.30
Yago Mahugo Carles, Edoardo Palao

GLI EVENTI
Libreria Quarto Stato - Aversa, 23 maggio - 27 giugno
10.00-13.00 16.00-20.00
Mostra “Domenico Cimarosa, aversano illustre”
La Libreria Quarto Stato, riferimento culturale di Aversa, con Passione ed Amore ha raccolto, negli anni, un vasto materiale su Domenico Cimarosa. Tale materiale viene riproposto perché costituisce un fondamentale punto di riferimento, circa l’illustre musicista l’aversano, unico e, quindi, raro.

2009年にも5月23日から6月27日にかけて第2回「チマローザ音楽祭」が開催され、
http://caserta.mondodelgusto.it/2009/05/19/festival-cimarosa-2009/
http://www.ecodiaversa.com/blog/2009/05/festival_cimarosa_2009_partenz.shtml

ロベルト・デ・シモーネはじめ、ナポリ音楽院の院長ニコロ・パレンテ、アヴェルサ市長ドメニコ・チァラメッラが開会式を行うなど、一応音楽祭として風体が整ってきた。今年も2008年のメンバーを中心に、4回のピアノを中心としたコンサート、および展覧会が開かれたが、どうみても面白そうな演目はなく、明らかに注目を引くイヴェントではない。(ナポリですらこの音楽祭の宣伝は一切見かけない)
Precisamente:
27 maggio, Facoltà di Architettura, 19:00, Edoardo Amirante, violinista;
28maggio, Chiesa di S. Maria a Piazza, 19:00, La Real Cappella del Teatro San Carlo di Napoli;
29 maggio, Facoltà di Architettura, 19:00, Cheng Chen i Liu, pianista;
30 maggio, Facoltà diArchitettura, 19:00, Yago Mahugo Carles, pianista, e Eduardo Palao, violoncellista.

L'"Associazione Gaetano Parente-senza scopo di lucro", nell'ottica di dare seguito e continuità ad un Evento dedicato al grande Musicista aversano, ha radunato, da settembre 2008, enti e personalità cittadine al fine divarare l'edizione 2009 del "Festival".

そして、どう顔を見渡しても、まともな音楽学研究者はこれに参画していない。(ロベルト・デ・シモーネは音楽学者だが、彼がナポリ院長だったときにどのようなことをしたかーー音楽院図書館を完全封鎖ーーを考えれば、いわゆる研究者ではないことに気がつかされる) おそらく彼らに人脈がないのであろう。
せっかく資金を投じているのに、どうもポイントがずれているのも残念な話で、いろいろな意味で田舎のイヴェントの限界を感じさせるが、それでも第一歩を踏み出したということだけでも評価はするべきであろう。


そうだ、次は「国際」ということで、日本から関孝弘というピアノ弾きでも呼んだらいかがだろう。
彼は、チマローザの「ピアノそなた」の楽譜(これには、指番号や表情記号が付加されており、50年ほど遅れた楽譜に見える。何で今頃こういう楽譜を出すのか疑問であるが、これをつきつめると全音の「原典版」という用語や姿勢自体に大きな問題があるということである。) やCDを日本で出しているようだが、大分と昔、氏は私にチマローザの真価はピアノ曲にあると宣ったことを思い出した。

フォルテピアノもチェンバロも弾かないピアノ奏者が、18世紀の音楽について専門家を気取るというのも今の時代ほとんど通用しないわけであるが、さらに、器楽の人にままありがちなように声楽作品に目配りを一切せず、こういう発言をするのだから、これはどうも氏の「専門性」自体に疑問をなげかけざるを得ないという以上に、日本でチマローザの名前が変にピアノとだけ結び付けられることになって対外的にも問題がある。
彼はおそらく器楽優位で物事を処理する前世紀の感性で留まっている人なのだろう。(これはロマン的ともいえるかもしれない思想だが、ドイツロマン派人たちにとっての音楽の理想はロッシーニはじめ、常にイタリアの声楽曲だったようなので、器楽が純粋で”高いもの”と思い込むのはまったく間違った態度ではある。)

チマローザの作品は常にオペラであるし、鍵盤ソナタのひとつには歌詞が書き込まれているものまであり、明らかに彼は常に声楽に根をおいて作曲をしていたと考えられる。「ピアノ」の側だけから彼を評価しようとすると、二次元から三次元が理解できないように、つまり、蟻が人間の全体像を把握できないように、彼の才能の全体像は理解できないはずである。
門外漢が他の領域にまで口を出すると大失敗するということは私も気をつけたいことだが、ただ氏はそれにさえ気づいていないようであり大きな顔をしている。その辺、どうもこの音楽祭の企画者とは意気投合するにちがいないと感じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケンブリッジ大学人文学プロジェクトー ナポリ文化研究

http://www.crassh.cam.ac.uk/page/4/fellowships-.htm

ケンブリッジ大学のクラッシュというプログラム、以下の人文研究プロジェクトの略称であり、
Promoting interdisciplinary research and innovation in the Arts, Social Sciences and Humanities
ポスドクフェローはじめ、さまざまな専門家を招聘し、芸術、人文等の分野横断的な国際研究を進めようというもので、さまざまな個別テーマの研究が進められている。日本のCOEプロジェクトのようなものだろう。

ここが今年開催した国際大会が、ナポリの人文研究に関するものであった。
タイトルは、
「Exoticizing Vesuvius? The historical and intellectual formation of Neapolitan historiography」
として、幾度かのワークショップが開かれてきた。
Workshop 1, 12 January 2009 (Cambridge) 
Workshop 2, 3 April 2009 (York)
Workshop 3, 18 September 2009 (Cambridge)

ここにはナポリ大学でフリーメーソン研究の第一人者、アンナ・マリア・ラオ教授しか掲載されていないが、9月18日のセッションには私のボスのディンコ・ファブリス先生の共同発表もあり、音楽文化についても触れたとのことである。このような国際的な横断研究で、ナポリ研究、あるいはナポリオペラ研究が扱われるのは、大変重要なことである。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

国際学会@パスティッチョの問題(カラブリア音楽院2009年10月2-3日)

10月は学会シーズンであちらこちらで面白そうなイヴェントが開かれている。

イタリア音楽学会とISMEZ(南イタリアにおける音楽文化発展に関する国立研究所)は、このたび「パスティッチョ」について国際学会を行う。

参加者は、ナポリ系の研究をとりしきっているパオロジョヴァンニ・マイオーネはじめ、スカルラッティの専門家、ロベルト・パガーノ、スペインの友人のホセ・マリア・ドミンゲス、チマローザの《オリンピーアデ》はじめヴェネツィアで活躍するアレッサンドロ・ボリン、アメリカで教える楽器学者グイド・オリヴィエーリ、など、だいたいいつもの顔ぶれであるが、内容については少し聞き捨てならないものがある。

というのも、私も一時期スカルラッティについて発表して調べていたのだが、ニコロ・マッカヴィーノが、ポッラローロ原作、ドメニコ・スカルラッティのパスティッチョオペラ《イレーネ》について発表すること。
■Nicolò Maccavino, L'Irene di Carlo Francesco Pollaroli e Domenico Scarlatti (Napoli, 1704)

それから、私がミュンスターのサンティーニコレクションで複写してきた、マンチーニのオペラ、トゥルノ・アルチーノをめぐる発表がある。■Gaetano Pitarresi, «Gradisci il buon animo di chi ha fatto ciò per recarti maggior diletto»: il pasticcio del Turno Aricino (Napoli, Teatro San Bartolomeo, 1724)

みんな目の付け所は同じというというか、ナポリ派というこれまでマイナーだった分野にもうかうかしていられない厳しい競争が目立ってきたということである。

*************************************************************************
2009年10月2日ー3日、於、カラブリア音楽院”フランチェスコ・チレーア”

Venerdì 2 ottobre

ore 10,00 Indirizzi di saluto
■Antonino Sorgonà, Direttore del Conservatorio F. Cilea
■Francesco Palumbo, Presidente del Conservatorio F. Cilea
■Roberta Travaglini, Presidente ISMEZ / Onlus Paologiovanni Maione, Responsabile Convegni della Società Italiana di Musicologia


ore 10,30 Relazione introduttiva

■Roberto Pagano, Il Pasticcio settecentesco e un suo singolare riflesso nell’area della satira

ore 11,00 I sessione (Presiede Roberto Pagano)
■Louise K. Stein, Alessandro Scarlatti and his collaboration with singers under the marchese del Carpio
■Marie-Louise Catsalis - Rosalind Halton, Serenata in flux: productions from the Scarlatti workshop, 1696-1706


Ore 15,30 II sessione (Presiede Louise K. Stein)

■Paologiovanni Maione, «La museca è na nzalata mmescata»: la commedia pasticciata nel primo Settecento a Napoli
■Nicolò Maccavino, L'Irene di Carlo Francesco Pollaroli e Domenico Scarlatti (Napoli, 1704)
■Gaetano Pitarresi, «Gradisci il buon animo di chi ha fatto ciò per recarti maggior diletto»: il pasticcio del Turno Aricino (Napoli, Teatro San Bartolomeo, 1724)
■Angela Romagnoli, Un Demofoonte napoletano pasticciato (Teatro San Bartolomeo, 1735)


Sabato 3 ottobre

Ore 9,30 III sessione (Presiede Paologiovanni Maione)

■Mariateresa Dellaborra, Il Pirro (1719) di Apostolo Zeno: un pasticcio a tre mani?
■Alessandro Borin, I pasticci di Antonio Vivaldi
■José Maria Dominguez, Un pasticcio romano alla corte di Filippo V: il manoscritto M2258 della Biblioteca Nazionale di Madrid
■Guido Olivieri, 'La forza d'Amore' e altri pasticci londinesi di PietroDomenico Paradies
■Giovanni Polin, Osservazioni e proposte metodologiche per una recensio analitica dei testimoni di pasticci e opere impasticciate italiane nel XVIII secolo

Ore 12,30 Valutazioni conclusive

■Comitato scientifico: Nicolò Maccavino, Paologiovanni Maione, Gaetano Pitarresi, Antonino Sorgonà

Venerdì 2 ottobre

Ore 18,30 - Sala dei Concerti del Conservatorio

■Concerto: Un Concerto ”Pasticciato: Musiche di D. Scarlatti, L. Vinci, F. Mancini, N. Porpora
  Realizzazione del continuo: Luigi Miriell
  Voci soliste: Pamela Chiriaco e Mariangela Santoro soprani; Katia Riotto,mezzosoprano;
  Giuseppe Di Stefano e Luigi Turnaturi, tenori; Vincenzo Nizzardo, basso.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の近況とヨーロッパアカデミー後評

5月から9月にかけて、いろいろなイヴェントが目白押しであった。とりわけ以下のプログラムはどれもすばらしいもので、こちらではナポリ楽派の復活が急ピッチですすめられているのがわかると思う。

5月末    ヨンメッリ《デモフォオンテ》(ザルツブルク・ペンテコステ音楽祭)
http://www.youtube.com/watch?v=THXrlP0etMs&feature=PlayList&p=56E535F6A1EAA665&playnext=1&playnext_from=PL&index=1

5月末    ファーゴ《水に沈んだファラオーネ》(同上) 
http://www.youtube.com/watch?v=XEiGubZWwg4&feature=PlayList&p=1E29AE9512B2ED93&playnext=1&playnext_from=PL&index=34
6月初日   ポルポラの《アグリッピーナ》がメルク修道院古楽祭で一部初演。
6月30日 ヴィンチの《パルテーノペPartenope》がナポリ、サン・カルロ劇場ですばらしく豪華なバロック時代のコスチュームで再演。(スペイン文化省とナポリ劇場フェスティヴァルの共同制作)
http://www.youtube.com/watch?v=Hch_cv6VJvI
http://www.youtube.com/watch?v=3Wk_28uudrU&feature=PlayList&p=38F4D0F7C39B1C07&playnext=1&playnext_from=PL&index=17
7月末  グルック=クリスチャン・バッハ《オルフェーオ》ナポリ初演稿 (マルティーナ・フランカ音楽祭で初演。楽譜は友人の指揮者イヴァノ・カヤッツォ)
8月 パイジェッロの《La finta amante》 (ヴィテルヴォ音楽祭として、台本作家カスティの故郷モンテフラスコーネで初演。楽譜はローマ音楽院図書館長のドメニコ・カルボーネ)
8月半ば レーオの《デメートリオDemetrio》(2009年レーオ音楽祭の目玉として復活初演)


以上のオペラに出かけたほか、この夏秋はイスキア島での休日以外特にヴァカンスもとらず、家に引きこもりで作業の日々であった。(反動で史料やら要らぬアンティークを買い込みすぎて借金ができた模様。)

8月末に長めの論文1本をイタリア語で仕上げて出版の運び(ー依頼)となったのでひとまずは落ち着いたのもつかの間、本日終了したアカデミア・エウロペア@ナポリ大会 http://www.acadeuro.org/ まで、要旨、および下書きに3回もレフリーからのチェックが入り、直前まで胃が痛い思いをしていたが、なんとか無事終え少しは落ち着けるかと思ったら、まずまずの評価だったこともあってか、すぐさま来年の学会誌への寄稿を要請されたので、提出締め切りの1月半ばまで再び同じテーマでうろうろしなくてはならない。理系の先端研究に混じってチマローザの論文を発表するというのも変な気がするが、世界レベルで見るとどうも、そうおかしな話ではないようだ。

というのも、こちらに出席したら、今度「ネイチャー」に載せるため、楽器の素材研究をしている専門家と知り合いたいとコンタクトを取ってきた人がいたのである。(彼は31才のスェーデンで研究をしているイタリア人で、その35本の論文は、450回以上も引用されているというかなりの有名人らしい。) ギターの新素材とか、そういうマテリアル上の「新発見」がネイチャーのタイトルになる得ることも全く知らなかったが、どうも音楽学の中にも先端研究とリンクできる分野があることがわかっただけでも、なにやら得した気分である。(日本でしばしば見られる”こらぼれーしょん”も、目指す目標がネイチャーレベルだといいのですがどうなのでしょうか?)

学会はさすが豪華で、計算機つき!合皮バインダーノート鞄、夜の立食フルコースブッフェ1回、フルコース昼食2回、エクスカーション、さらに豪華レストランでのフェアウェルパーティーに本人以外の同伴者もすべて招待であった。私の場合は会場から家まで歩いて3分の距離だったため移動の必要がなかったが、旅費まで持ってもらえている人も多いみたいで、背景にある潤沢な資金を感じられた。
最後のパーティーに同席だった人は、音楽学のペトロペッリ先生、フィンランドの音楽学者夫妻以外に、フィンランド人で海洋生物学を専門にするアカデミア・エウロパの会長、チェコから東大に8ヶ月教えに来て富士山にも登ったというコンピュータ・サイエンスの専門家、京大を中心に7回も来日しているクロアツィアの物理学者、同じくクロアツィアの化学者、という多彩な顔ぶれだったが、それぞれに刺激的で、日本でも若手のうちから参加できるこのような学術横断会みたいなものがあればよいと思った次第である。 

なお、私の発表ではフリーメーソンを扱ったこともあってどういう反応がでるかなと思っていたら、案の定、私の父も祖父もずっとメーソン会員でしたと声をかけてきた人がいたが、こういうことがあるのもさすがである。

さてこの学会が終わってうかうかしているのも今日限り。あと3日間(9月末まで)でもう1本の長めの論文を仕上げ、もう1本の遅れている出版本についても、締め切りの9月15日がすっかり過ぎているので、平行して進めていかなくてはならない。10月4日(ポルポラとヘンデルー依頼)、10月10日(モーツァルトとレチタティーヴォー依頼)、10月25日(19世紀のオペラ、台本作家カンマラーノ)、と、みな別件での研究発表もあるが、そういうわけでこれをいつ用意をしていいのか良くわからない。終了後すぐに10月28日にはイタリアに戻るが、来年2月までもう生きるか死ぬか、というかお尻の痛さ(というか、最近右太ももがしびれていて、坐骨神経痛になった模様である)を我慢しなくてはならない。
これまで長期にわたって遊んでいたつけがたまっている気がしないわけでもないが、それはさておき、遅れ遅れになっている事柄ももう遅れることが前提で進まっているということで了解していただきたいと思っている。

なお先日、トスカーナ・オペラ・アカデミーの今年のプロダクションがモーツァルトの《偽の女庭師》で無事おわったが、来年の演目に私たちはチマローザの《偶然の新婚さんたちLi sposi accidenti》(ナポリ、1780)を選定した。1幕なので、簡単といえば簡単である。一方、再来年2011年にはチマローザの《La vanita delusa》(フィレンツェ?、1781) の世界復活初演を行うが、これが3幕もあるので、平行してもう準備を進めなくてはならない。
この作品、これまでフィレンツェで初演されたといわれてきて、台本も出版されてはいるのだが、どうも上演の記録がフィレンツェの各文書館に全く残されておらず、初演が取り消されていた可能性が高いのである。私たちの初演は、歌ってみるだけでなく、つまりチマローザの上演史、あるいはフィレンツェのオペラ史にとっても大きな一石となるはずである。
なお、日本人の歌手でオーディションを受けたい方は当方まで連絡されたし。マスターコース+成果発表の場なので、むしろオペラ経験の少ない若手歌手が適当であると思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年11月 »